転職をすれば働きやすい環境の職場に出会えます!

転職の際にはメリットを考えておきましょう。

看護師の転職には二種類あります。機関や職場側から呼ばれる形で、現職を辞めてその職場に移っていくスカウトですので、報酬や待遇が良くなるケースが多いです。支度金もらえるケースもあります。

もうひとつのパターンは、自分から転職サイトや転職情報を収集し、問い合わせをし、面接試験を受けて行う転職です。気をつけておかなくてはならないのは、職場を代えることによって生じるメリットのことです。

働きやすい職場環境、報酬面がアップすることや、または人間関係に恵まれているのかどうか、通勤しやすい職場の建物があるかどうかなども確認しましょう。

転職をすれば働きやすい環境の職場に出会えます

転職をすれば、自分にとって働きやすい環境の職場に出会うことができます。転職をすることによって快適なビジネスライフを過ごせる職場を見つけられます。

看護師の求人情報は、比較的情報量が多いです。看護が必要となる職場が多いことからも、様々な地域においていろんな職場で求人を発見することが出来ます。また、仕事を探し始める時期を調整することで、通常時に比べ多くの募集を見つけやすくなります。

生活を考えた場合に快適な環境で働ける職場を見つけておくこともとても大事です。上記のメリットを考慮し、しっかりと求人探しに力を入れて快適な職場を見つけましょう。

看護師の求人情報の探し方

看護師の求人情報の探し方は、いろいろなやり方があるのでよく見定めておくようにしましょう。例えば、インターネットを利用するやり方があります。インターネットを活用することにより、とても多くの仕事情報を簡単に見つけ出すことができるようになります。

インターネットだけではなく、他にもハローワークに足を運んで相談に乗ってもらうようにしておきたいところです。また、仕事情報がたくさん掲載されている雑誌などからも、新しい看護師の仕事情報を見つけ出すことができます。

また、アルバイトやパートとしても働くことができるチャンスがあります。どんな雇用形態でスタートしたいと考えているのかを考えてから、求人情報を探すように意識をしましょう。そうすることで、さらに就職活動の効率化を図ることができます。

看護師の求人情報の探し方を極めるために、どんな方法があるのかよく考えて実践するようにしましょう。いろいろなやり方があるので迷ってしまうかもしれませんが、とりあえずインターネットを利用するのがおすすめです。

インターネットを活用することにより、すぐ看護師の求人情報を探すことができるようになるでしょう。パソコンやスマートフォンを使って、仕事情報を積極的に検索するようにしましょう。また、仕事情報がたくさん集まっている雑誌なども効果的です。また、紙媒体メディアからも情報を入手し、様々な情報から検索しましょう。

自己分析をし、仕事を探すことも大事です。とても多くの職場が存在しているので、どんな職場で活躍したいと感じているのか、それを明確にしてから動いた方が良いでしょう。

看護師転職の面接の前に心掛けておくこと

就職・転職の際に必ず重視される面接。看護師は療養上の世話が主な仕事なので、あたたかく接することができる人柄が求められます。また、誠実さや冷静な判断力等も重要です。

転職の面接ではさらに、それまで学んできたことや、今後の方向性も含めてチェックされます。なぜ前の職場を退職したのかということも確認されるでしょう。いずれの場合においても、慌てたり緊張して本来の自分らしさが消えないよう、しっかりと対策をしておくことが大切です。

具体的に、看護師として自分はどの分野の専門性を高めていきたいのか、ある程度将来像を考えておくことが必要です。専門分野が決まっていない場合であれば看護観を深めておくのも良いでしょう。

看護師の転職時の面接対策

看護師に転職するためには、資格を取得する必要がありますが、実際に働く場合には、面接試験を受ける必要があります。この試験には、しっかりと対策をしてから臨む必要があるのではないかと考えられます。

この場合、どうすれば良いか分からない人は、たくさんいるのではないかと思いますが、まずは、どんな質問がされるのかということを予想することが重要です。

また、実戦形式の面接を行うことも重要でしょう。実戦形式で行うことによって、雰囲気を感じることができて、実際に質問された際の回答を確認することができるでしょう。

転職に役立つ基礎知識が学べるWEBサイト

看護師の転職に役立つ基礎知識を多数掲載しているWEBサイトをチェックすることで、もっと良いタイミングで転職することができるだけでなく、自分にとってももっと良い条件で働くことができる病院やその他の医療施設の求人情報を見つけることができるでしょう。

WEBサイトでは、体験談なども多数掲載しています。また、多くの方が利用している人材派遣会社の情報も掲載しています。なので必要な情報を簡単に集めることができますし、もっとスムーズに準備することができます。

時間に余裕がある人は、複数のWEBサイトを同時に確認してみるのも良いでしょう。そうすればさらに役立つ情報を集めることができますし、もっと信頼ができる情報も簡単に見つけることができます。

看護師の転職に必要になってくる基礎知識をまとめたWEBサイトを確認することで、これから転職したいと考えている看護師に必要な情報を簡単にチェックすることができます。WEBサイトには面接時によく聞かれる質問や、退職のコツなどといった役立つ情報なども確認することができます。

そして他の方がどのような理由で退職したかを確認することもできますので、自分の状況をもっと客観的に判断することもできるようになります。WEBサイトには役立つ情報がたくさんあります。なので、看護師の方はより安心してスムーズに転職活動を進めることができるのではないでしょうか。

他にも役立つ情報がたくさんあるWEBサイトがありますので、時間に余裕がある方は基礎知識を身に付けるためにも確認するようにしてみましょう。

マイナビに看護師転職の面接対策・退職理由~面接で失敗しないための準備とは?という情報がありましたので、ご紹介します。

採用担当者が面接で見ているポイントとは?
面接は就職時以来だという人や、高校を卒業してそのまま附属の病院で働き始めたので面接の経験がない、という人にとって、転職活動の面接はわからないことだらけかもしれません。何を話していいのかわからないし、うまく答えられる自信もないという人も多いのではないでしょうか。

不安な気持ちを取り除くには、事前の準備と対策が重要。ここからは、採用担当者が面接で見ているポイントをご紹介します。

ポイント1 身だしなみ
患者さんと接することが多く、職場によっては命を預かることもある看護師という職業柄、髪型や服装などは常識的で清潔感があることが重要です。「通勤はいつも気楽な服装だから」と、私服で面接に行くのは絶対にNG。たとえ夜勤明けで急いでいても、髪はブラッシングして長ければ束ね、身支度を整えてから出掛けましょう。

服装は、企業や大学病院、総合病院であればスーツが基本です。介護施設やクリニックなどでは必ずしもスーツでなくてもいいケースもありますが、襟のついた白シャツに落ち着いたトーンのカーディガンなど、できるだけフォーマルに近い服装を心掛けましょう。

メイクに関しては、TPOを考えると厚化粧はふさわしくありませんが、ノーメイクもおすすめできません。ナチュラルメイクがベストです。

ポイント2 目を合わせて話ができているか
緊張すると、どうしてもおどおどと落ち着きがなくなり、相手の目を見られなくなってしまう人は少なくありません。照れ屋で、人と目を合わせるのが苦手という人もいますが、面接の基本は「面接官と目を合わせて話すこと」です。

下を向いたり、目線をそらしたりして話す人からは自信が伝わってきません。面接官も、「患者さんと話すときもこんな感じかな?」「ドクターや同僚ときちんと話ができるかな?」と不安に思うでしょう。

「緊張する場合や、あまりじっと見つめると失礼かなと思う場合は、ネクタイの結び目あたりを見るといい」というアドバイスも散見されますが、実際にはあまりおすすめできない方法です。熱意を持って見つめてくれる人を嫌だと思う面接官はいませんから、しっかり目を見て話すようにしましょう。面接官が複数人いる場合は、質問を投げかけてくれた面接官に視線を向けて返答することが大切です。

ポイント3 受け応えがはっきりしているか
入室してきたときの雰囲気や挨拶、椅子をすすめられたときの返事や対応は、転職希望者の印象に大きく影響します。下を向いて入室してきたり、聞かれたことにボソボソと覇気のない返答をしたりすると、「暗い」「コミュニケーション能力がなさそう」というマイナスイメージが面接官にインプットされてしまいます。コミュニケーション能力を重視する病院は非常に多いので、緊張していても思い切って顔を上げ、笑顔でハキハキと対応しましょう。

また、初めて面接を経験するという人の中には、ふさわしい言葉遣いがわからないという人がいるかもしれません。面接では、面接官の役職にかかわらず最大限の敬意を表し、敬語で丁寧に話さなくてはなりません。気が置けない上司や同僚に対するときのような、フレンドリーな口調も控えましょう。

看護師の面接の流れ
一般企業への転職では、一次面接、二次面接、三次面接、役員面接、社長面接…といったように、複数回の面接を経て内定に至るのが一般的ですが、看護師の転職における面接はほぼ1回のみです。当日の流れは、およそ下記のとおりです。

1. 受付で来意を伝える
転職エージェントを利用している場合は、面接のサポートのためにキャリアアドバイザーが同行することもあります。その際は駅などで待ち合わせて面接場所に向かいましょう。また、面接先の受付では、「氏名」と、「面接目的である」ことを伝えます。

面接当日は、訪問時の雰囲気や態度、面接での基本的なマナーも評価の対象です。受付で来意を告げる段階から明るくはきはきとした口調で話すようにしましょう。

2. 担当者の指示に従って待機し、面接の部屋へ入室
面接を行う部屋に通された場合は、入り口に近い席に座って面接官を待ち、面接官の入室と同時に立ち上がって氏名を伝えましょう。面接官のいる部屋へ入室を促された場合は、ドアを開けて氏名を伝え、「本日はよろしくお願いいたします」と挨拶をします。

このとき、面接官から「どうぞご着席ください」「おかけください」という指示があるまでは椅子に座らないようにしましょう。椅子には浅く腰かけ、膝を閉じて、背筋を伸ばして前を向きます。

3. 面接
前述した「採用担当者が面接で見ているポイント」を念頭に置き、一つひとつの質問にはっきりと受け答えをしましょう。また、最後に面接官から「何か質問はありますか」と聞かれることがあります。「特にありません」と答えてもいいのですが、できるだけ質問をしたほうが意欲は伝わります。

「入職までにしておくと良い勉強はありますか?」といった入職後をイメージした質問や、「協調性には自信がありますが、職場の雰囲気を教えていただけますか?」と、さりげなく長所をアピールする質問などをすると好印象が残せるのでおすすめです。逆に、「調べればわかること」や「すでに言われたこと」を質問するのは避けましょう。

4. 退室
「本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました」と挨拶をし、ドアの前でさらに一礼して退室します。「ぜひこちらで働かせていただきたいと思っています。よろしくお願いいたします」という一言を添えてもいいでしょう。

引用:https://kango.mynavi.jp/contents/helpful/career-change/step4/