看護師になるには何が必要?

看護師になるためには、看護師国家試験に合格して看護師免許を取得する必要があります。国家試験の受験資格は、高校を卒業後、看護系大学や看護系短期大学、看護師養成所などに通えば、得ることが可能。それぞれの種類と学ぶ内容の違いを知ることは、自分がどのような勉強をしたいか、またどんな看護師になりたいかを左右します。なので、それぞれの学校に対する理解を深めておきましょう。

国の法律で定められた4つの資格

保健師

地域生活の安全と健康をサポートする

地域に住む赤ちゃんからお年寄りまで、その地域で生活している人たちの健康保持・増進に向けた支援を行い、予防や衛生等の活動を行う仕事です。健康な人も病気を持っている人も全ての人を対象にしています。

また、各種事業所(企業)・学校などにおいて職員・学童・生徒の健康管理を行う仕事もします。

助産師

命の誕生を助け、女性の生涯に寄り添い力になる

妊娠から出産までの援助を行い、出産時には分娩を介助し、新生児などのケアも行う仕事です。思春期、更年期など女性の健康全般を支えることも重要な仕事です。助産師は、「助産院」を開業できます。

看護師

患者さんの痛みや苦しみに寄り添い、励まし援助する

治療を受けながら生活する患者さんの援助を行うのが主な仕事です。医療チームの一員として、専門的な知識、技術に基づいて患者さんのケアや診療の介助をします。

患者さんと接する時間が多く、患者さんの身体と心の両面をサポートし、他職種との連携を図り、患者さんにとってより良い療養環境をつくります。臨床経験後には、認定看護師、専門看護師などのスペシャリストを目指せます。

准看護師

看護師をサポートし、患者さんを援助する

病気や怪我で入院してくる人の療養のケア、医師の診療の介助をします。准看護師も業務内容としては、看護師と同じように患者さんのケアを行いますが、看護師と違い准看護師は、医師・歯科医師又は看護師の指示を受けて業務を行います。准看護師の仕事をしながら、看護師を目指せます。

引用:https://fukuoka-kango.or.jp/student/donna/

看護師になるには?

活躍の場を広げたいなら大学で学ぶのが一番おすすめです

看護師になるには、「保健師助産師看護師法」という法律によって定められた教育機関で学ぶ必要があります。いずれも文部科学大臣指定の学校か、厚生労働大臣指定の養成所で、高等学校を卒業してから学習するのが一般的です。国立、公立、私立などのさまざまな種類があり、看護系大学、看護系短期大学、4年制もしくは3年制の看護師養成所がこちらにあたります。そのほか、中学卒業後に「5年一貫看護師養成課程校」に通うという道もあります。こちらは、看護師になるための最短ルートです。

上記のいづれを卒業しても、看護師国家試験の受験資格が得られますので、基本的な仕事内容に大きな違いはありません。ただし体系的理論に裏打ちされた仕事が求められるようになると、より理論について深く学ぶ大学卒のほうが有利です。

また、看護学校選びは、卒業後の就職先選びに直結する傾向があります。病院付属の学校も少なくなく、進学の際には付属病院についているかどうかも調べておきましょう。また大学や短大で学べば、病院以外にも活躍の場が広がります。

養成所で学べば取得が可能です

最近社会人から看護師を目指す人はとても増えています。慢性的な看護師不足が進んでいる中、社会人の参入は看護界で多く求められているのです。年齢制限を設けていない教育機関も多く、40歳以上の方の受験もかなりあります状。社会人としての経験が重視されるケースもあります。

十分な学力があれば、社会人でも看護師国家試験を受けるための教育機関で学ぶことができます。もちろん国家試験を受験するのにも年齢制限はありません。社会人からの資格取得は十分可能です。

ただし、定時制(4年制)の看護師養成所でも、授業は午後もしくは午後のみで、実習はほとんどが日中に行われます。なので、フルタイムで働きながら看護師免許を取得するのは難しいと言えます。通信教育は、すでに准看護師としての実務経験が10年以上ある人のみが対象です。

学校でちゃんと学べば、ほとんどの人が看護師国家試験に合格できます

第103回看護師国家試験の合格率は、全体で89.6%です。新卒者だけで見ましたら、95.1%と、かなり高いパーセンテージです。新卒の合格率を詳しく見てみると、大学や短期大学、看護師養成所で、それぞれ90%を超す合格率を誇ります。どの教育機関を選んでも、ちゃんとと授業の内容を身につけることができれば、かなり高い確率で看護師の資格を取得できることがわかります。

最近複数の医療機関を受験する生徒さんが増えています

病院や診療所のほか、老人保健施設や一般企業など、看護師の活躍の場は様々です。最近では、複数の医療機関などの採用試験を受けることが常識です。一般の就職より売り手市場ですが、就職時に面接や筆記試験が行われる場合もあります。また奨学金の貸与を受けた病院に就職して一定期間勤務すると、返済義務が免除または減額される制度もあります。

年齢別の就業人数は、最も多いのが16%の35~39歳、14.8%の30~34歳、14.2%の40~44歳と続きます。現場では、30~40代の看護師が中心となって活躍しています。

准看護師になるためには、各都道府県が実施する准看護師試験に合格して准看護師の免許の取得が必要です

准看護師になるための主なルートは2つあります。

  • 中学卒業後、准看護師養成所に2年通い、准看護師試験(知事試験)に合格して資格を取得するルート
  • 中学卒業後、高等学校の衛生看護課(3年・定時制4年)に通い、卒業してから准看護師試験(知事試験)に合格して資格を取得するルート

のいずれかになります。

准看護師養成所の場合、働きながら学ぶことができます。系列病院と提携して病院での仕事をあっせんしてくれます。養成所によっては奨学金制度があり、准看護師資格を取得した後、奨学金は免除になるところもあります。条件はそれぞれ制度によって異なるので事前にしっかりと確認しておきましょう。

正看護師と准看護師の違いですが、仕事内容にはほとんど差がありません。ただし、准看護師は主体的な看護を行うことができません。正看護師が「医師の指示」に基づき、医療行為の補助を実施するのに対し、准看護師は医師・歯科医師・正看護師の指示のもとで看護を行います。

准看護師になるには?

社会人から目指すなら、養成所で働きながら、2年で准看護師を目指しましょう

社会に出てから、准看護師の道に進みたいと思った時、オススメなのが准看護師養成所で学ぶ方法です。

准看護学校の授業は午後からのスタート。そのため、午前中は提携病院で看護助手として働きながら学べるので学費の面でも安心です。それに病院で現場を見ながら学ぶので、即戦力になるスピードも速いです。

つまり社会人から目指す場合、働きながら目指せる准看護師はハードルが低いということです。ただし、ほぼ同じ仕事なのに給与に差があるので、正看護師を目指す人も多いです。

また奨学金制度を用意している養成所も多いので、自分のライフスタイルに合う場所を選ぶといいでしょう。働きながら学費をまかなう方法もありますが、奨学金制度のなかには卒業後に何年間かその病院で仕事をすれば、奨学金が免除というところもあります。この点からも社会人から准看護師を目指すなら、養成所で学ぶのがオススメです。

保健師になるには?

保健師を目指す前に、保健師になるためには正看護師の資格が必須です。

そちらを踏まえて、保健師になるための主なルートをご紹介します。

  • 高校卒業後、保健師と看護師の統合カリキュラムがある大学もしくは専門学校(4年制)に進学し、保健師と看護師の国家試験を両方受ける。
  • 高校卒業後、正看護師の資格を取った後、1年制の保健師養成学校に通い、保健師の国家試験を受ける。
  • 高校卒業後、正看護師の資格を取った後、1年制の看護系大学の養成課程の3年次に編入して2年間学び、保健師の国家試験を受ける。

これらのいずれかになります。

保健師は看護師や准看護師などと違い、2つの国家試験に受からなければなりません。そのため、事前に資格取得のためにかける期間と費用をどうするのかはちゃんと考えておきたいところです。

社会人から保健師を目指すなら保健師・看護師の総合カリキュラムのある大学に進むのが効率的です

異業種からの転身を目指す場合、看護師養成所で学んで、看護師の資格を取得し、その後、保健師養成学校に1年間通い、資格取得を目指すルートが良いでしょう。こちらの方法でしたら、一度に2つの国家試験を受けなければならないということもありません。しかし現在、保健師養成所は統廃合されてきており、対象校が少なくなってきています。

そのため保健師を目指す人の多くは、まずは看護師の資格を取り、大学の3年次に編入するのが一般的です。看護師を経験してステップアップを望み、保健師を目指す人も同じです。

一方、効率的なのは保健師・看護師の統合カリキュラムを用意している大学か専門学校に進み、一気に2つの国家資格を取る道です。学ぶ期間が集約されるのがメリットといえるでしょう。

看護師の活躍の場として一般的なのが、大学病院や一般病院、クリニックといった医療施設です。最近では、在宅ケアを行う訪問介護ステーションや老人保健施設、老人ホームなどでも多くの看護師が活躍しています。また、知識と経験を活かして、看護学校や介護福祉士、臨床検査技師などの養成学校で教鞭をとる人もいます。さらに産業看護師として、製薬会社や医療機器メーカーに所属したり、保育園や企業、レジャーなどの施設で働いたりと、活躍の場は多く用意されています。

活躍できる施設

配属された部署によって仕事内容は大きく変わります。施設によって職務内容が変わるだけでなく、同じ病院内でも、配属先によって大きく仕事内容が異なってきます。入院患者をケアする病棟ひとつとってみても、一般病棟、療養病棟、緩和ケア病棟などの種類があり、それぞれ患者と接する時間や仕事内容に違いがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください